カビ対策


カビ対策や湿気対策について、基本の対策を理解・実践することによって、カビについての大部分が対処できます。なお、カビ対策と湿気対策はある意味で表裏一体の対策ともいえるものであり、カビ対策と湿気対策の両面対策を行うことでその効果は高くなるのです。

そもそも、「カビ」という言葉のイメージについて、誰しも何となくよくないイメージは抱いていないことでしょう。カビが生えた食物は食べられませんし、家の中にカビが生えると不衛生ですから、カビ取りをしますね。ですから、カビならどんなカビでも、その予防や対策をしないと大変と思っている人は多いことでしょう。

しかし、カビとは必ずしも悪いものとは限りません。そもそも、カビは学術的に「真菌」と呼ばれる微生物の一種なのです。微生物と言われると、悪いものばかりではないという気持ちが起こりませんか。

カビが人間の役に立っているので有名なのは、青カビから抽出されて結核の特効薬として強力な威力を発揮した抗生物質ペニシリンがあります。しかし、それ以前からカビは私達の身近で役に立っているのです。それは微生物は食品などにおいて活用されています。その活用のひとつが「発酵」という作用です。この発酵によって、みそやしょうゆなどの醸造食品などの製造が成されていて、私たちの生活に活用されているのです。

そうは言っても、やはり大半のカビは家のあちこちに生えて迷惑ですね。そこでするべきことといえば、カビの温床と言われる湿気対策をすることによって、カビの発生を抑制することができるのです。日本は、高温多湿の国ですから、この多湿が家単位であれ、創意工夫で湿気対策ができれば、つまりはカビ対策ができたことを意味して、その家の中の快適さは向上するのです。

昨今、私たちの生活が湿気増加の傾向にあるようなのです。この湿気が増えている傾向の原因として、最近の住宅の様式変化や生活習慣が変化したことなどが挙げるのです。この住宅の様式変化や生活習慣についての工夫によって、カビが軽減することができるのです。

カビで家がだめにさせてしまわないように、カビ対策をカビが生える場所によって、また喘息などの病気について、そして湿気をどうコントロールするかなどをまとめました。またカビが生えてしまった時の掃除についても、赤カビ、青カビ、黒カビなど種類の応じた掃除や、場所による掃除などをまとめました。それに基本知識として、カビについて種類や発生の仕組みなども書きました。このサイトをご覧になって、カビ対策をしっかりやって、快適な生活を送ってください。




再婚をしよう